読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北九州市立大学文芸研究会のブログ

北九州市立大学文芸研究会の「新」ブログです。移行したのです。旧ブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/bungeiken8105

 こんにちは。或爺です。

 ただいま、明日の「破天荒 瞬花祭特集号」の印刷に向かって作業をしていたところであります。

 今号にも様々なタイプの才能が溢れていて、編集作業をしていてとても幸せです。

 

 ところで近頃、空気の匂いが変わってきたように思います。小学生の頃の「もうすぐ夏休みだ」という気分を非常に刺激する匂いがします。緑色の虫カゴが欲しいです。青いアミはどこですか。

 

 あ、ありましたありました。青い虫取り網が玄関の傘立てに挿してあります。靴棚の上にプラスチックの虫カゴも置いてあります。

「どこ行くの」

タコ公園」

「あんまり遅く帰ったらいけんよ」

「わかった」

 

「よう」

「おう」

「今日なんかカード持ってきた?」

「いま、ケンとヒロくんとレアカード交換しよるんよ」

「今日カード持ってきてない」

「じゃあいいや」

「今度キラキラのやつちょうだいよ」

「やだよ」

 

「今から何するん?」

「この石垣の上登ってみらん? なんか、この前ショウ兄ちゃんたちも登ったんやって。野イチゴとか生えとったって言っとった」

「でもここすごい草生えとるし、茂みの中をくぐるしかないやん、変な虫とかおらん? 気持ち悪い」

「みんな登っとるき大丈夫っちゃ」

 

「たしかに木の実は生えとるけど、これ野イチゴやないんやない? 赤いだけで」

「すごい静かやな、でっかい家がいっぱいあるけど、全然人がおらん」

「あ、人おるやん」

「どこ?」

「あの窓んとこ、おじさんおるやん」

「どこ?」

「あ、ほんとや」

「こっち見とる」

「お前、指さすなよ」

 

「帰りも茂みしか通るとこないんやな」

「お前、茂みの中滑るだけですごい怖がっとったな」

「別に怖がってないし」

「石垣の上、別に面白いことなんもなかったな」

「ぼろい家が建っとるだけやったな」

「あ、ブランコ空いとるよ、乗ろうや」

 

「オレ空見ながら漕げるし」

「おれ一回転できたことあるよ」

「俺手放しでこげる」

「なんかさ、入口のほうに人おらん?」

「金網んとこ?」

「なんか見られてない?」

「どこ?」

「あ、ほんとや」

 

「こっち見とる」

 

 

僕たちががうるさくしよったけん怒ったんかなあ。