読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北九州市立大学文芸研究会のブログ

北九州市立大学文芸研究会の「新」ブログです。移行したのです。旧ブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/bungeiken8105

 こんにちは。或爺です。

 ただいま、明日の「破天荒 瞬花祭特集号」の印刷に向かって作業をしていたところであります。

 今号にも様々なタイプの才能が溢れていて、編集作業をしていてとても幸せです。

 

 ところで近頃、空気の匂いが変わってきたように思います。小学生の頃の「もうすぐ夏休みだ」という気分を非常に刺激する匂いがします。緑色の虫カゴが欲しいです。青いアミはどこですか。

 

 あ、ありましたありました。青い虫取り網が玄関の傘立てに挿してあります。靴棚の上にプラスチックの虫カゴも置いてあります。

「どこ行くの」

タコ公園」

「あんまり遅く帰ったらいけんよ」

「わかった」

 

「よう」

「おう」

「今日なんかカード持ってきた?」

「いま、ケンとヒロくんとレアカード交換しよるんよ」

「今日カード持ってきてない」

「じゃあいいや」

「今度キラキラのやつちょうだいよ」

「やだよ」

 

「今から何するん?」

「この石垣の上登ってみらん? なんか、この前ショウ兄ちゃんたちも登ったんやって。野イチゴとか生えとったって言っとった」

「でもここすごい草生えとるし、茂みの中をくぐるしかないやん、変な虫とかおらん? 気持ち悪い」

「みんな登っとるき大丈夫っちゃ」

 

「たしかに木の実は生えとるけど、これ野イチゴやないんやない? 赤いだけで」

「すごい静かやな、でっかい家がいっぱいあるけど、全然人がおらん」

「あ、人おるやん」

「どこ?」

「あの窓んとこ、おじさんおるやん」

「どこ?」

「あ、ほんとや」

「こっち見とる」

「お前、指さすなよ」

 

「帰りも茂みしか通るとこないんやな」

「お前、茂みの中滑るだけですごい怖がっとったな」

「別に怖がってないし」

「石垣の上、別に面白いことなんもなかったな」

「ぼろい家が建っとるだけやったな」

「あ、ブランコ空いとるよ、乗ろうや」

 

「オレ空見ながら漕げるし」

「おれ一回転できたことあるよ」

「俺手放しでこげる」

「なんかさ、入口のほうに人おらん?」

「金網んとこ?」

「なんか見られてない?」

「どこ?」

「あ、ほんとや」

 

「こっち見とる」

 

 

僕たちががうるさくしよったけん怒ったんかなあ。

一先ずの文フリ(仮)

 こんばんは、赤沙汰です。

 本格的にブログの更新が始まり、各部員の方々も更新してくださっているようで何よりです。

 ほぼ一ヶ月近く更新していないので、その期間中に結構読了した本があります。

 それらもツイートしていく次第。

 

 文学フリマ福岡の第二回が開催ということで、今月11日に出店受付が開始しました。

 北九大文芸研として、今回も出店する予定です。当落通知が来てからの正式決定となりますので、あまり声を大にして言うことはできませんがね。

 

 まあ、そういうわけで、明確に期限が設けられました。

 

 期限。

 

 つまり、個人誌『破天紅』の発行期限でございます。

 

 目次まで行きました。ページ配分も決まりました。

 あとは、奥付・後書き・加筆修正です。

 ページのデザインも少し残ってます。できるだけ商業出版での文庫本みたいな装丁でいこうと考えていてはいます。なので、部誌『破天荒』や『北九州文学』よりも少し複雑な作りになります。編集は大変です。

 ええ、そりゃもう。

 

 

どーも皆さん、松尾です。
梅雨の季節になると一度くらいは雨で濡れ濡れスケスケの制服JKとバス停で遭遇したいですよね。まぁ、そんなこと現実ではあり得ません。やっぱりリアルはクソゲーだな!!ペッ,( ゜Д ゜)

そんなことよりも明日は学生大会ですよ。スマホの充電と小説の準備はいいですか?一二限でスマホを弄るのはほどほどにしておくのをオススメします。やることなくなると悲惨ですからね。できればスマホにwordアプリを入れて学生大会中に瞬花祭用の作品を書いておくのが文芸研的にベストでしょう。まだ時間あると思って余裕ぶっこいてると〆切前夜に四苦八苦することになりますよ(経験談)!!


他の大学はどうなのか知りませんが北九州市立の学生大会の風景はなかなか滑稽です。イギリス人がそこにいたらジョークのネタには事欠かないでしょう。そんな訳で今日は世界の国の国民性を皮肉った有名なジョークを紹介します。

<船から飛び降りさせる言葉>
豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに乗りました。

しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと沈んでしまいます。
そこで、人々は

アメリカ人に対しては、
「あなたはここでヒーローになれる」
と言いました、アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました。

次にイギリス人に対して
「あなたは紳士だ」
と言いました、イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました。

ドイツ人に対しては
「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」
と言いました、ドイツ人は納得して海に飛び込みました。

日本人に対しては
「あなた、飛び込まなくていいんですか?ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」
と言われました、すると日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました

中国人に対しては
「海に美味しそうな魚がいっぱい泳いでますよ」
と言いました、中国人は、上着を脱いで網代わりにして海に飛び込みました。

簡素な解説:
アメリカ人=ヒーロー大好き。
イギリス人=紳士と言われて黙っていられない。
ドイツ人=規則正しくクソ真面目。
日本人=所謂右にならえ精神。
中国人=グルメ魂。
これはあくまで各国のステレオタイプを扱ったものですが言い得て妙だとは思いませんか?
他にも色々あるので暇なときに探すとなかなか面白いですよ。と言った感じで今日はここまで。ではまた。

6月になりました。

どーも皆さん。松尾です。ゲーム脳です。
早いものでもう6月になりました。6月ですよ、6月。春から夏になり、温かい陽気は梅雨になってジメジメし始めて、色々あった艦これのイベントも終わりました。いいことないですね。

ところで梅雨は好きですか?自分は嫌いです。良い思い出ないです。敢えて言うならこの季節は足の皮がベロンベロン剥がれて面白いのとあじさいが綺麗なくらいですかね。

個人的に6月とはあじさいの独壇場だと思います。雨の滴る中で咲くあじさいの美しさは語らずとも判るでしょう。
あじさいを漢字で書くと「紫陽花」になるのですが、これはかの中宮定子が梅雨に長い間雨雲に隠れて見えない太陽を恋しがる歌を歌ったところ、返しに清少納言が庭先に生えていたあじさいを指して「例え天に輝く太陽が見えずともすぐそこに美しい紫色の太陽があるではないか。」といった旨の歌を歌ったことから「紫陽花」と書かれるようになったそうです。

嘘です。今さっき適当に思い付きました。本当のことは知りません。知りたい人は各自でググってください。

まぁ、そんな感じであじさい無しでは嫌いな月ワーストランキングで殿堂入りしかねないくらい6月ですが今月も頑張っていきましょう。いつまでも五月病を引きずってちゃ駄目だぞ!!


ところで瞬花祭特集号の〆切まで二週間切ったらしいですよ。頑張れ一年。

僕の太陽

今晩は。秋宮由香里(あきのみや ゆかり)です

時間が出来たのでなんとなくブログを書こうという気まぐれを起こしたので書くことしました。私は文芸研の端くれであるにも関わらず支離滅裂な文章を書くのですがその点はご容赦ください。適当に書きたい事、言いたいことを書いていきます。

 

最近になってようやくバイトの連勤から抜け出すことに成功し、時間に余裕が出来ました。この時間を使って久しぶりに本を読もうと思っています。本当にオマエハ文芸研か?と聞きたくなるほど本を読んでいなかったのですがこれを機に読もうと思っています。

そこで、皆さんに是非とも頼みたいことがあります。私にお勧めの本を紹介して欲しいのです。基本的にホラー以外はなんでも読みます。宜しかったら是非お願いいたします。とりあえず私がブログで一番言いたかったのはこのことですかね(ブログの使い方間違ってる気がしますがまあどうでもいいや)

 

話は変わりますが、もう5月の半ばに差し掛かりましたね。新歓も無事に終わって多くの方が文芸研のドアを叩いて来て下さったこととても嬉しく思います。

新入生が加わったことでさらに個性豊かになった文芸研のこれからが楽しみで仕方ありません。私も皆様に負けぬよう自分というものを主張していきます。

あと、6月に企画を立てて何かやりたいと思っているのですがなかなかいいアイディアが浮かびません。なんか、会長でも役員でもないのに偉そうなことばかり言っていますね。

 

固いまま終わるのもアレなんで(ドレなんだ)私が先日やらかした話をして終わります。私は細田守監督の時をかける少女が大好きで、先日ロフトで時をかける少女のクリアファイルを見つけて買いました。その後、前を通りかかった交番で警官にそのクリアファイルをドヤ顔で見せびらかしました。その時は何も思わなかったのですが、今になって思うと恥ずかしいです。テンションに任せて行動すると何しだすか分かったもんじゃないですね。

 

それでは失礼します。

 

不自由な文章

 こんばんは、赤沙汰です。

 

 諸々の小説執筆作業に追われる毎日、ゼミのレジュメ作成も加わりますますPCに向かう時間が多くなりました。もういい加減、ブルーライト対策用のメガネを買う必要があるなあと感じています。

 

 Twitterにおきましては、毎度毎度連続してツイートを行っているのですが、それはいつも事前にツイート内容を書いてから、まとめてツイートしていたりします。そういう時、普通のメモ帳などのテキストエディタだと、字数の感覚が掴めず、ついつい字数をオーバーしたりしてしまうんですよね。だから最近は連ツイ用のエディタを活用しています。ウェブサービスとしてサイトがあって、それがかなり便利なのです。字数カウントもしっかりやってくれるので。

 

 ところで、Twitterでの連載小説を、今日、ふと考えていました。有名なものだとニンジャスレイヤーがそうですが、なんとなくそういう企画も良いなあ、と。

 とはいえ、140字小説や、短歌等のツイートも、なかなか続いていない状況で、無責任に無謀に企画を増やすのもいかがなものかと思うところもありますがね……即興小説も最近はなかなか。単発企画としてはいいかなあとも思ってるので、なんとかそういうものもできたらなあって思います。

 

 記事連続で西尾維新の話題になってしまうのですが、最近、少女不十分と悲鳴伝のコミックが出たようで。「少女不十分」というこの単語、どういうイントネーションで発音すればいいのか迷いますね。「少女/不十分」のように、それぞれ別に分けて発音するのか、もしくは「証拠不十分」のイントネーションで一緒くたに発音すべきなのか。そもそも「少女不十分」というこのタイトル、やっぱり「証拠不十分」から来ているんですかね? 僕は今のところ、後者のイントネーションで読んでいます。不十分ということで記事タイトルもそういう感じになっています。コミカライズ。本自体は読んでいないのですが、下手に「この本に粗筋なんてない」という部分だけ知っているばかりに、コミカライズの粗筋そのものが気になってしょうがない。

 ので、今度買ってみようかな、と、思うのでありました。

 

案山子


 おはようございます。赤沙汰です。GWが終わったのやら、まだ続いているのやら、色々と入り乱れている方もいるようで。私といいますと、昨日は公開最終日ということで映画「ボーダーライン」を観てきました。メキシコはフアレスの恐怖を植え付けられて、劇場を後にしました。

 長らく読了してツイートすることがなかった西尾維新のJDCトリビュート作品『ダブルダウン勘繰郎/トリプルプレイ助悪郎』の感想をツイートしました。ようやく。最初はここに書いてしまおうかと思いましたが、やっぱりツイートすることにしたんですよね。記事タイトルはその名残です。

 清涼院流水彩紋家事件はようやく読み終わりました。
 残すはカーニバル。

 ……ですが、清涼院流水の作品、つまり当人が言うところの「流水大説」ですが、ノベルス版と文庫版との改訂具合がかなり激しいんですよね。ノベルス版の『19ボックス』は、文庫版においては『Wドライヴ 院』に名を変え、内容もガラッと変わりました。同じ作品とは到底思えないくらいに、読者を困惑させ、結局ノベルス文庫両方を揃えさせてしまうという、恐ろしい小説家、もとい大説家です。
 カーニバルもまた多分に漏れず。
 ノベルス版はカーニバル・イヴ、カーニバル、カーニバル・デイの三部作ですが、文庫版ではカーニバル 一輪の花、二輪の草、三輪の層、四輪の牛、五輪の書、といった感じで五冊に別れ、人称も色々と変化!しているとのことで。暇があればノベルス版も揃えたいんですよね、ジレンマがあります。
 今ですか?
 今読んでいるのは西尾維新の美少年シリーズ3作目『屋根裏の美少年』です。メフィスト賞受賞作を色々と読んでいきたいと思い、いろんな本屋を回ってみますが、ほとんど手に入れてしまったものばかりで苦労しているところです。手に入れても、同時に読んでいる講談社タイガの作品群にも追われているので、結構積み本が凄いです。
 西尾維新といえば、戯言シリーズのアニメプロジェクトが始動した、とのことで。ファンにはたまらない吉報ですね。私はクビキリサイクルしか読んでおらず、今のところそれだけで満足している次第です。
 メフィスト賞受賞作のアニメ化、という括りで語るなら、去年の森博嗣すべてがFになる』がそうでした。あの作品以降、犀川創平と西之園萌絵が活躍するS&Mシリーズは全10作です。ドラマにおいてはすべF以外も映像化したようですが、アニメにおいてはすべFのみを1クール11話で制作していましたね。
 戯言シリーズのアニメプロジェクトなので、おそらくはクビキリ以外もアニメ化しそうですね、理想としては、アニメ版すべFみたいに、一作品を1クールかけてやってほしかったりするのです。
 戯言シリーズ……あのネーミングと設定だけで、私はかなり影響を受けている節があります。実際、読んだのはその1作目だけで他を全く読んでいませんが、殺し名呪い名十三階段玖渚機関に零崎一族。この名前だけで満足ですお腹いっぱいです
 戯言のアニメプロジェクト始動ということで、ここいらで清涼院流水のJDCシリーズにもスポットライトが当たらないだろうか、と考える次第。あのシリーズ、キャラが立ち過ぎてるんですよ、清涼院流水大塚英志箸井地図の名で漫画家もされましたが、そっちもヤバかったんですよね。ネーミングセンスもなかなかのものでした。過去記事にて書いた九十九十九も、JDCシリーズ発のキャラです。美しすぎて失神する人が続出するからサングラスの着用を義務付けられていて、推理に必要なデータが揃うと推理をすっ飛ばして真実に辿り着くという「神通理気」を駆使する探偵神。これだけでもヤバいのに。JDCこと日本探偵倶楽部には色んな探偵がいます。JDCトリビュートなんて企画が出てくるのも納得です。西尾維新舞城王太郎が書くのも納得です。あとJDCシリーズは人がたくさん死にます。メフィスト賞受賞したデビュー作『コズミック』で既に1200人死んでいます。それも1200の密室で。カーニバルではそれを遥かに凌駕する量の人間が死にます殺されます。「ビリオンキラー」なんて言葉が出てくるくらいなんで。ああ、早く読みたい。
 深夜アニメも結構見てます、ここでおすすめを挙げるなら、「文豪ストレイドッグス」ですかね、往年の作家たちが現代に蘇る!って感じで、中島敦が虎になったりします。江戸川乱歩とか太宰治とか出ます。みんなイケメンです。でも泉鏡花は女の子です。和服少女。能力名が作品名になっていて、例えば太宰の能力名は人間失格芥川龍之介の能力名は羅生門。でも肝心の中島敦に関しては山月記ではなく月下獣なんですよね、それがおかしかったりします。
 Twitterで検索すると、もう結構な既出ネタなんですが、JDCシリーズとの親和性があるとかないとか。まあ、探偵だし、能力名があるし、各々キャラも立ってるし。共通点は多々あるので納得ですね。
 いやホントにJDC、アニメ化したりしないかなあ。せっかく雑誌ダ・ヴィンチにて舞城が「九十九十九松」なんてのを書いてるわけだし。言うまでもなくアニメ「おそ松さん」と九十九十九と、その号で特集されてる作家・乙一の短編小説なわけですが、あの小説が発表された時、世のJDCクラスタはなかなかの発狂っぷりを見せていました。私もその一人です。
 文ストには辻村深月綾辻行人京極夏彦が既に小説作品において登場しているので、そのあたりに西尾維新舞城王太郎果ては清涼院流水も登場しないかなあ、って。せっかく講談社ノベルス系の(うち二人はメフィスト賞受賞作家です)方々が登場しているのだし……原作者の朝霧カフカ氏には頑張ってもらいたいところです。

 

 と、色々と妄想を吐き出し尽くしたところで、今日は終了です。

 今日はかなり長い記事になりましたね、読むのに苦労したらごめんなさい。