北九州市立大学文芸研究会のブログ

北九州市立大学文芸研究会の「新」ブログです。移行したのです。旧ブログはこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/bungeiken8105

親愛なるA嬢へのミステリー

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。白石萌々佳です!

今回は本の感想にしてみました。とはいっても漫画ですし、書評と言うほど深い考察もできないので、単に私の感想です。読み流してもらえれば……と思っております。

 

「親愛なるA嬢へのミステリー」 モリエサトシ 講談社

 

あらすじを紹介しますね。

「本好きな少女・綾乃は、気がつけばいつも物語の世界に浸っていた。そんな彼女はひょんなことから、遠縁にあたる小説家探偵・能見啓千の身の回りの世話をすることに。啓千は都筑応居という小説家として熱狂的なファンを多く持っていたが、大学の友人・大悟の恋人だった綴に右手を切られ、断筆。しかし彼の書いた小説はいまだに人々を魅了し続け、数奇な事件を次々と引き寄せてゆく」(親愛なるA嬢へのミステリー3巻より)

コミックスから引用させていただきました。

何よりも、主人公の綾乃ちゃんが圧倒的にかわいいです。啓千さんの背中にもたれかかって本に没頭する姿が、本当にかわいいです。すっかり本の世界に入り込んでいるときは、瞳がきらきらして背景にも星が舞ったり、描写もかわいらしくて大好きなシーンです。

そんな綾乃ちゃんがふとした時に見せるシリアスな表情だったり、心に刺さる言葉だったり、そのギャップがまたいいですよねー。ネタバレになってしまうので「あのセリフが」とか「あのシーンが」とか書けないのがとっても残念です。ぜひ実際に読んで確かめてください。

啓千さんのキャラクターも大好きです。クールキャラでいつも涼しい顔をしているのですが、綾乃ちゃんのピンチで見せる心の底から焦った表情とか、綾乃ちゃんだけに向けるあたたかい笑顔とか、何度も目で追ってしまいます。

しかし、啓千さんのことを語るうえで外せないのは、都筑応居として綴った文章が作中に登場するシーンでしょう。私も物書きの端くれです。もともと読書は大好きです。応居の文章がどれだけすごいか、とてもよくわかります。第1巻に登場する応居の作品「夏時雨の恋人」は、1ページ丸々使って、素敵なフレーズや登場人物の一人である「綴」という女性の描写があります。初めてそのページを見たとき、ため息が出ました。感嘆のため息です。どうしたらそんな言葉を思いつくんだろう。どうしたらそんな描写が書けるんだろう。本当にそう思いました。それくらい、衝撃的なページだったんです。

作中で起こる事件は、すべて都筑応居の作品がきっかけになっています。自分の書いた小説が発端となって起こった事件を解決し、まるで物語の世界を迷いながら生きているような啓千さん。彼に寄り添い、手を引き、現実の世界との仲立ちをしている綾乃ちゃん。2人の関係がどう変わっていくのかも、注目していただきたいポイントです。

全3巻のとても短い漫画です。でも、すべて読み終わったときの充足感は1冊の小説と同じくらい重みがあって、幸福な気持ちになります。

ずいぶんしっかりと書いてしまいました。良ければ読んでみてくださいね。

ありがとうございました。次回の更新をお楽しみに。

 はじめまして、こんにちは。和栗まろんです。前回書くのを忘れていたため今回がはじめてとなります。本当に拙い文章ですが、ご容赦ください。実を言うと私の担当は先週でした。さすがに今回は書いておかないと…と思い焦って書きました。今週担当の方失礼します。
 梅雨はじとっとして、カビも生えやすく嫌な季節。今年は梅雨らしさを感じることはそれほどなかったように思われますが、大学の周りでもいくらかセミの鳴き声が聞こえてくるようになり、もうじき本物の夏がやって来そうです。
 ところで、雨のにおいは好きですか?雨の日にする土なんだか植物なんだかの独特な香りです。雨臭いと言う表現をよく聞くので、苦手な人も一定数居るのかもしれないですね。自分は結構好きな落ち着く匂いです。カビの臭いではなく、雨がしとしと降る休日の昼下がりに、濡れた植物からしてくるようなイメージの匂いです。あの匂い成分の正体は何なのだろう。どこかのサイトには植物が出している成分やら、土の中から押し出された空気やら埃やら様々書いてありました。もしかしたら、雨のにおいと言っても一種類ではないのかもしれません。雨の日のいうのはどうしても活動が制限されてしまうものですが、家で趣味に打ち込んだり、録画したドラマを見たり、部屋の模様替えをしてみたり意外と楽しめるものだなと思います。

 話は変わりますが、この間数日間の酷い大雨の中、無事にお過ごしでしたか。先週の金曜日は1限だけあって後は休講でしたね。朝眠たいのを我慢して大雨の中登校してきたのに、いざ来てみるとに2限からは休講。じゃあ、最初っからそうしとけよ!と思った人、ラッキーとっとと帰ろ~と思った人、元々行ってないよと言う人様々でしょう。そうして、いざ帰ろうと思ったら駅もバスも運転見合せになっており、結局帰りが遅くなった人やタクシーでお金が吹っ飛んだ人も居るのではないでしょうか。私は通学路の半分弱程を徒歩で、後はタクシーで帰宅したのですが、なぜか通学路全ての道のりをタクシーに乗った時の金額の3分の1も節約できませんでした。目的地に着く直前に200円くらい運賃が跳ね上がったのですが、ぼったくられた訳ではないと思いたいです。
 どうでもいい私事を挟みましたが、とりあえず、雨の日も悪くないと言うことと、悪天候時には、大学がいくら来いと言っても、従う必要はないということです。帰り道の安全が確保されていることを第一に優先しましょう。あと、大雨の中濡れたスマホでタクシー業者の電話番号を検索するのはやめた方がいいです。よく見えなかったせいで、間違って岡山のタクシー会社に電話してしまい恥をかきました。それでは。

 

将来を考え始める時期

 初めましての方は初めまして。

 三年の水無月 葉六です。

 

 進級して早二か月。毎度のように書いていることですが、やはり時の流れは早いものですね。

 この時期になると周囲の同級生たちもインターンシップ等の就活関係の活動に目を向けており、真面目に将来の事を考えるようになりました。

 そのような視線で意識して見ると今までは気づかなかった講座や説明会のお知らせ等も目に入るようになり、少し大袈裟に表すのならば「見える世界が変わった」ように思えます。

 しかし、それと共に「一年生の時からこの世界を見ていた人間」も存在していたのだという事に気づきました。

 この事実に焦りとも諦めとも取れるような感情を抱きながら日々を生きております。

 と、真面目っぽい文章を書けばそこそこの分量を稼げるかなと思ったのですが、そうでもなかった上に書いててそこまで面白くなかったのでやめます。

 『将来を考え始める時期』などというタイトルですが、今も変わらずその日の事しか考えていませんし、見える世界なんてそう簡単には変わりません。そして、世の中は相も変わらずボチボチです。クソではないことに感謝。

 

 話は変わりますが、私や他の三年生の活動も残すところあと僅かとなってきました。

 2クールのアニメで例えるのならば19、20話辺りでしょうか。

 ここまでの内容は平坦ではなく色々とありましたが、最近は落ち着いているので最終章突入前の平和な日常回といった感じです。

 残すイベントとして二つの学園祭が挙げられますが、悔いを残す事なく終わらせる事が出来るように頑張りたいです。

 未だに破天荒(部誌)用の原稿を作成していませんが恐らく数日後の私が頑張っているはずです。頑張れー。

 

 それでは、閲覧ありがとうございました。

 

 

 この記事を書きながらスマホをいじっていたのですが、メモ帳内が下ネタと小説のネタと怪文書が幾層にも積み重なった混沌空間と化している事に気付いたので焼き払ってきます。

みかん

初めまして、林檎と申します。


好きな果物はみかんです。

親戚のお家にみかんの木があって、実がなる時期になるとたくさん貰っていました。

ほどよい酸味と甘さがとっても美味しかったのですが、ここ数年は実りが悪く食べれていないのです。

今年は立派なみかんが食べれたらいいなぁと思っています。



みかんはさておき、次はりんごのお話です。

お弁当や夕飯に時々りんごが添えられている事があります。

ご飯を食べる時、どこから箸をつけるか決まっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は味が濃いものを食べ、白米を食べ、りんご等の果物が入っていればそれを食べ、おかずを食べ、みたいな流れがあるのですが、「変な食べ方だねー」と言われた事があります。

確かに周りを見ると果物は最後にとっておく人が多いようなのです。

少し気になってグーグル先生で調べてみたのですが、食べ方には三角食べとか色々あるんですね…

まあ、好きなように食べてもいいよね!という結論に至ったので、どうということはないのですが。

このブログを読まれた方はお弁当に入ってる果物をどの順番で食べてらっしゃるのか気になりますね。



ブログを書くぞー!と思いつつ、なかなかよいネタがなくズルズル先延ばしにしていました。

地元の桜はもう散ってしまいましたが、北の方は今からが本咲きなのでしょうか?

ソースは何もないので見当違いだったらお恥ずかしい限りですね…

寒かったり暑かったり、ここ数日は雨が降って気圧が下がるとの事。

体調に気をつけて、お家でのんびり過ごしたいです。



ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

4月はいちごが美味しい時期だそうです。

いちご狩りに行きたい林檎でした。

それでは

春爛漫

初めまして、かなめ と申します。

最近まで『越路吹雪物語』が放送されていた影響を受けて、この名前にしました。

 

 

すっかり春めいてきましたね。先日、近所にあるわりと大きな公園の桜を見てきました。

どの木を写真に収めたらいいか分からないくらいに、うんと咲いていました。

そして、午後だったこともあってたくさんの家族連れで賑わっていました。

その中で、ひたすら吠えている犬にも遭遇しました。顔は覚えていませんが、白かったです。

 

あと、日照時間が増えたなと強く実感するこの頃ですが、ここ数週間、日の出に悩まされています。

というのも、私の部屋は東向き&カーテン・ベッドシーツはオレンジ色なのです!

ただでさえ眩しいのに、カーテンは遮断するどころか光を増し、さらにシーツで反射する。部屋全体がオレンジ色になるため、どの向きで寝ていても必ず眩しさを感じ、目が覚めてしまいます。おかげで寝覚めはすこぶる悪いです。

今週は特にひどく、今まで7時に目覚めていたものが、6時や5時30分と早く…。

その上、昼寝する癖もついてしまったため、寝つきも悪いと。

とりあえず、アイマスクを買うべきか本気で悩んでいます。せめて寝覚め良く起きたいです。切実に。

 

こんな感じで、今のところ春の恩恵はプラマイゼロですが、残り僅かな休みとともにこの春を満喫したいと思います。

○○日和。

初めまして、日傘と申します。

こんな名前ですが、日傘を買ったことも使ったこともありません。響きと字面が好きなもので。

 

「日和」という言葉があります。空模様、特に晴天を指す言葉で、何かをするのに相応しい天気の意味で多く使われていますね。

 

桜がちらほら咲きはじめ人々が花見の準備にそわそわしているこの時期は、私にとっては「室内日和」と言えます。

柔らかい春の日差しがカーテンを透かして室内灯も要らないリビングで、読書をしたり絵を描いたり粘土を捏ねてみたり。そして前々から気になっていた映画を鑑賞してみたり。

日の光の色や明るさで時間の流れを感じながらあっという間に一日が過ぎていきます。寝る前に一日を振り返ってみると「あぁ、満ち足りてるなぁ」と感じます。自分の趣味をとことん楽しむのに、もってこいの季節だと私は思います。

皆さんにとっては”何”日和でしょうか。

 

最近は映画を観るのにはまっています。特に、洋画。

おすすめは『シングルマン』『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』です。主演の俳優さんの演技に惚れ込んでしまいました。いい作品なので、是非。

 

文芸研のブログなのに映画の推奨で終わるのもどうかと思ったので、おすすめの本も紹介させてください。桜庭一樹さんの『私の男』木原音瀬さんの『箱の中』です。こちらも是非是非。

 

 

 

 

 

破天荒~新入生歓迎号~完成!

 みなさんこんにちは。初めまして。白石萌々佳です。

先週の土曜日、「破天荒~新入生歓迎号~」が無事に完成しました!

初めて編集させていただいたものなので、先輩方に助けてもらいながら作成しました。結果的に、いくつか反省点はありながらも、納得のいく部誌に仕上がりました。

改めて、部誌作成にかかわった皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました!

また、先日福岡大学文芸部主催の合同展示会に参加させていただきました。私も作品を投稿し、慣れないスーツを着て会場に向かいました。会場は天神だったのですが、来てくださった人もいるのでしょうか。

合同冊子はとても読みごたえがあり、中にはプロの作家さんと見紛うような筆致の方もいらっしゃって、とても良い刺激になりました。私もいっそう執筆活動に打ち込み、精進したいと思います。

ところで、長かった長期休暇も終わろうとしております。

2ヶ月のほとんどをバイトで過ごしておりました。ずいぶん貯金も増えましたが、これからずんずん減っていきます。4月は出費がかさみますからね。

大学があろうとなかろうととりあえず本は読むので、新しい本棚も欲しい所です。机の下を本棚にしてしまったので、もうこれ以上どこにしまうこともできません。そろそろ埋まります。

冬ももうそろそろ終わる頃かと思いますが、なかなか暖かくなりませんね。福岡はもう桜が咲いたそうですが、まだまだ寒いです。天気予報もたまに外しますから、皆さんも風邪を引いたりしないよう、お気を付けくださいませ。そうでなくても季節の変わり目は風邪を引きやすいです。私ものど風邪をひいてしまいました。養生します。

次にブログを更新するのはいつだろう……と思ったので、今年度の抱負でも書いておこうと思います。

やはり、新編集として編集技術を向上させたいです。

先輩方や同級生の素晴らしい作品を収める冊子です。その上皆さんに読んでいただくわけですから、できるだけ見やすい編集を心がけたいものです。編集技術とは直接関係ありませんが、締め切り前の追い立てスキルも身に着けたいと思っています。十分な編集期間のためには、部員の皆さんに締め切りを守っていただかなくてはなりません。

そのためには、鬼にも仏にもなりますよ、私。

さて、こんなところでしょうか。では次の方にバトンタッチです。

読んでくださって、ありがとうございました。次回もお楽しみに!